仮想化基盤で重要なベースOS

仮想化基盤では単独で動作するOSとベースとなるOSの上に仮想化を構築する場合があります。

双方ともよく利用されているのですが、導入がしやすいことからベースとなるOS上に構築するケースが増えています。

安心をコンセプトにしたBIGLOBEニュースの特徴につてをいくつか紹介しています。

仮想化基盤としてよく利用されるのがLinuxやWindowsです。

両者とも分かりやすいツールと共に仮想化ソフトウエアが販売されていたり、OSとしても仮想化ソフトを同梱している場合も多くなっています。

ベースとなるOS側からは一アプリケーションとして実行されますが、動作については仮想化されるソフト側のアプリケーション自体をベースOS側で利用できる機能を提供したり、逆に完全に分離して動作させることもできるなどさまざまなオプションも用意されています。



仮想化基盤としてはベースOS上で稼働させるのはリスクもあります。


ベースOSが安定していれば良いですが、特にメモリ不足などの状態になった際に仮想OS側も不安定な動作になることが多いからです。



仮想化基盤としては導入コストが低いことを特に重視したケースでよく利用されます。
また、あまり稼働させないケースでもベースOSへ退避させる意味で導入されるケースも増えています。

他のOSで動くアプリケーションが稼働するまでの繋でも利用されることが多いようです。

どのような状況下でもこれまでの稼働状況とほぼ同じ稼働が可能であり、好評ですが、メモリなどは元のハードウエアよりも多めに設定することが必要になることもあるので注意が必要です。