仮想化基盤構築後のバックアップについて

仮想化基盤を構築した後でも、バックアップが運用管理の中で重要な位置を示すことには変わりありません。では、仮想化の後のバックアップには何が求められるのでしょうか。

まずバックアップするためのソフトウェアを考える必要があります。


もちろん仮想化する前に使用していたバックアップ用のソフトウェアを仮想化基盤のOSにインストールすればそのまま使うことはできます。

今探すならこちらのエキサイトニュースが評判になっています。

ただし、物理サーバーに接続しているテープデバイスを管理OSから操作することはほとんどの場合において不可能です。

このため、バックアップソフトウェアのサーバー側モジュールは仮想化されていない物理サーバーにインストールされることが多いのが現状です。



では実際に最近よく利用されるバックアップ構成とはどのようなものかと言いますと、テープ装置を接続したバックアップサーバーを用意してそのサーバーにネットワークで接続するというものです。

ではバックアップの方法についてはどうなのでしょうか。
まずはシステム全体のバックアップに関してですが、仮想化基盤は仮想化前に比べてシステム全体のバックアップを取り易くなります。



物理サーバーであればバックアップの際にすべてのサービスを停止する必要がありました。

ただし、システム全体の差分バックアップに関しては対応している仮想化ソフトウェアは今のところ確認することができません。


次にファイルレベルでのバックアップについてですが、管理OSを経由する構造の場合は、それに対応する仮想化ソフトウェアはそれほど多くありません。もし使える場合でも、ゲストOSにエージェントをインストールする必要があり、バックアップ中もネットワークに大きな負荷がかかります。


もちろん利点として差分バックアップが容易であるという点があるのでシステム全体のバックアップと併用することをお勧めします。