仮想化基盤で利用できるOS

仮想化基盤ではさまざまなタイプがあります。

ハードウエアで仮想化基盤を用意する大型コンピュータもあります。



しかし、一般的に多いのはX86などの市販サーバに構築するケースです。


x86系の市販サーバではこれまで大型コンピュータでしか持っていない仮想化対応機能をCPUで実装されているケースが多くなっています。しかも、通常のサーバに標準搭載されていることもあり価格の面でもかなり有利なサーバとなります。

これらのCPUを持つサーバでは仮想化する際、ベースとなるOSが仮想化専用OSも用意されるようになっています。



仮想化基盤で利用されるOSはこれまでLinuxやWindowsが多かったのですが、VMWAREなど仮想化前提で動作するOSも市販されるようになっています。

これらのOSはハードウエアを仮想化するだけに特化しており、各OSを完全分離して動作させることが可能です。

All Aboutのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

WindowsなどのベースOSを利用した仮想化に比べてオーバーヘッドが格段に少ないのが特徴です。

仮想化基盤で利用されるOSは仮想化に使いやすいOSですが、利用できるハードウエアにかなりの制限があります。

X86系の場合、CPUは対応していることが多いですが、ハードディスクについてはベンダーを絞ったドライバが提供される傾向が強く導入には注意が必要です。

またオーバーヘッドはありますが、極力減らし、ベースOSを極端に少ない機能にしたタイプも増えており、こチラの場合は各種ドライバが利用できるメリットがあります。